ご挨拶

四畳半商店 logo

 

四畳半商店ではフィリピンと日本の手仕事を中心に、現代の日本の暮らしに合う生活の道具を扱っております。


侘び茶の祖と言われる、村田珠光は四畳半茶室を考案し、和物と唐物・南蛮物を共に用いることが大事であると説きました。



「珠光の四畳半茶室の如く、日本と他国の手仕事が折衷した、和の世界を作りたい」



異国の手仕事への好奇心と尊重が、私たち日本の手仕事の再発見に繋がると考えております。


そのような世界を、暮らしの道具を通して表現していきたいと思っております。